施工事例

ガイナはロケット開発で培われた最先端の断熱技術を応用。

「ガイナ」は、日本の宇宙ロケット開発技術を応用して生み出された商品です。ガイナは独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)に認められた「JAXA COSMODE PROJECT」ロゴマーク付与第1号商品です。

塗膜性能 特殊セラミックが塗装の常識を変える。
遮熱・断熱効果 夏、涼しい環境を塗料で作る。
断熱効果 暖房効率を上げて、寒さを解消。
防音効果 セラミックが防音にも効く。
消臭効果 マイナスイオンで臭いを防ぐ。

塗膜性能

特殊セラミックが塗装の常識を変える。

ガイナは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した、断熱技術を応用し、非常に特殊なセラミックを、塗料化することに成功し、建築用塗材として活用できるように致しました。

ガイナの中には、非常に特殊で微小なセラミックビーズが含まれています。
その割合は、液体の状態で約60%。乾燥をした塗膜の状態で約80%と、非常に高い割合で塗料に混合されています。この大量のセラミックが液体の状態から、乾燥して塗膜を形成する段階で、表層面に隙間なく浮き上がり、密集した層となります。

この強力なセラミックの層が、わずか1㎜に満たない薄い塗膜で、様々な効果を引き出す力になっているのです。

特殊セラミックが塗装の常識を変える。

塗装表面は通常、太陽の日差しに含まれる紫外線や、風雨などの影響をうけることで、徐々に劣化をしていきます。セラミックというのは紫外線や、自然劣化に非常に強い素材です。
これが大量に塗膜表面に含まれているので、ガイナは非常に高い耐候性を持つのです。

塗装をするときもハケ・ローラー・吹き付け・コテ塗りと、塗装の様々な工程に対応できます。しかも、特別な道具を必要としないので、安価で簡単な施工が可能です。

遮熱・断熱効果

夏、涼しい環境を塗料で作る。 夏、涼しい環境を塗料で作る。

夏の暑い時期、強い日射の影響を受けると、建物に熱が伝わり、その熱が室内へ侵入してきます。
建物の熱は夜になっても冷めるのに時間がかかり、いつまでも暑い室内になっています。
夏期、室内へ侵入する熱を抑える為には、その原因となる日射の影響を抑えることが重要となります。

ガイナは塗膜表面を特殊なセラミックで覆うようにして塗膜を形成しており、このセラミックが効率良く日射を反射し、熱の発生を抑え、建物内へ熱が侵入するのを抑えます。

ガイナ塗膜は熱が伝わりにくい「低伝導性」の性質を持たせ、建物表面で発生した熱の内部への侵入を抑えます。
ガイナに含まれる特殊セラミックは、温度が上昇するとエネルギーを効率的に遠赤外線に変換して放射する性質を持ちます。

建物の表面で発生した熱は徐々に内部へ侵入をしていきますが、ガイナ塗膜は温度を上昇させることで、一度吸収したエネルギーを空気中へ再び放射し、室内へ侵入する熱を抑えます。

断熱効果

暖房効率を上げて、寒さを解消。 暖房効率を上げて、寒さを解消。

冬の寒い時期、外気などの影響で、建物の壁や天井は冷たくなっています。このとき、どんなに室内で暖房をかけても、暖かい熱が壁や天井に吸収されてしまい、なかなか室内は暖かくなりません。

ガイナを塗ると、暖房の熱が室内に広がるのと同時に、塗装された面が瞬時に暖まるので、効率良く暖かい室内環境を整えることが出来ます。室内の空気温度と、壁や天井の温度との均衡を取る事で、熱の移動を抑え、暖房効率を上昇させることができます。

ガイナの塗膜は熱を受けると、その熱を非常に効率良く遠赤外線に変換して、放射し続けます。 遠赤外線は、輻射の熱を熱い方から冷たい方へと運び、温度を均一化させていく性質を持ち、これを活用することで、ガイナの塗膜は瞬時に周辺環境の温度に対応することができるのです。

防音効果

セラミックが防音にも効く。 セラミックが防音にも効く。

ガイナは防音に対しても効果を発揮するため、建物に塗装する事によって、外部からの音の侵入、室内から音が漏れるのを抑える効果があります。

ガイナの塗膜表面は、大量のセラミックビーズで隙間なく覆われているため、顕微鏡で拡大してみると、一般塗料に比べ塗膜の表面積が大変大きくなっていることが分かります。

表面積が大きいほど、効率良く音を反射することができる為、ガイナ塗膜はまず音を反射する事で、内部への音の侵入を抑えます。

消臭効果

マイナスイオンで臭いを防ぐ。 マイナスイオンで臭いを防ぐ。

壁や天井に臭いが引き寄せられる主な原因は、壁や天井が空気との摩擦等により静電気を帯びることにあります。ガイナ塗膜は静電気を帯びない性質を持つため、臭い物質や微細な汚れを引き寄せず、臭いが壁や天井に残るのを抑えます。一般的に空気中を浮遊している臭い物質は、プラスの電気を帯びることで浮遊しています。

ガイナの塗膜からは遠赤外線が効率良く放射されており、その遠赤外線が、空気中の水粒子を振動させて細かく砕きます。細かくなった水粒子は、マイナスの電気を帯びることでマイナスイオンとなります。

マイナスイオンは、浮遊しているゴミやホコリ、臭い物質が持つプラスのイオンと結合し、浮遊出来ないようにすることで、気になる臭いを抑えることが出来るのです。

ページ上部へ